兼業ゆるゆる作家じぶのすけのテディベア作り等の日記


by karipuries

<   2009年 09月 ( 6 )   > この月の画像一覧

ヨーロッパの手仕事〜。

昨日まで開催していたユキ・パリスコレクション、
「ヨーロッパアンティーク 美しきくらし展」を
先日見に行ってきました。
染めの文化が入らなかったので布を飾るのはもっぱら刺繍、と言う
驚異的に手刺繍の技術の進んだ地域の、その中でも厳選されたすごいものが
沢山展示されていました。
とにかくすごい。
アンティークレースにはまがい物がない、と言われるのも
この手仕事のすごすぎる細かさ故かしらとちょっと納得。

自分の実力を自慢するために家に飾ったり
就職の際の履歴書代わりだったり
(今でも作品持って回ったりするのと一緒ですね)
嫁ぐ為に作り貯めていったりした物達だそうですが
どれだけ時間があっても、あれは到底まね出来ませんねえ〜。

昔は5歳くらいからクロスステッチのサンプラー作ってたそうです。
ああ、積み重ねって大事。

それにしても、その刺繍作品(日用品)もサンプラーも細かい作業が
全て自分の腕の『自慢のため』だそうですからね。
招いた客にどんだけ出来るか見せる為に。
そりゃそうか。
でも、それなら頑張れるかも(笑)
当時のヨーロッパの人、好きだなー。

で、そのついでに銀座をぶらりとしたんですけど、
ユザワヤに寄ってモヘアを染める為に染料を買って;
鳩居堂で和小物を楽しく見つつ、
最後に松屋の屋上で観賞魚を買って帰ると言う;;;;
ああ、我ながら微妙な内容の銀ブラになりました。
小洒落たところには踏み込めないワタシ。



ちなみに観賞魚は、チャイニーズバタフライ。
ちょっと淡水エイっぽいところにほれました。
何も分からずに一目惚れで買って来た割に;;;
調べたところウチの水槽、ベストな環境のようです。
苔むしてるのがいいらしい。
紹介したとたんに死なれても、という消極的な理由で
紹介してませんでしたが(^^;)
近々写真撮って載せられそうです。

ちなみに講習の成果のクマは、まだ鼻が付いておりません;
クマー。

にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
[PR]
by karipuries | 2009-09-29 18:36 | 日々徒然
ども!
会社勤めの皆さんは今頃は長い休みの真っ最中でしょうか。
え?ワタクシはお仕事してま〜す。
回りの休みの雰囲気にのまれてダラダラやってるので
正直、休み明けの締め切りに間に合うのか微妙になって来た;;;
時間を自分でコントロール出来ないと
仕事以外のことが何も出来ません;
ああ、反省。

そんなこんなでクマの作業は形にならない
型紙の方が少し進んだかなと、そんな感じです。

クマの本は着々と集まってます。
洋書、和書、いろいろですが、
もう一般で流通していないものも多く古本中心です。
ネットで日本から海外から。
本当に、資料集めにはいい時代になりましたねえ。

仕事が上がったら、
最後の講習になってしまったステキ先生の講習課題
足パッドにクロスステッチを刺したテディベアの
完成写真を載せたいと思います〜。
[PR]
by karipuries | 2009-09-23 02:02 | クマ徒然

テディベア100年。

スタンダードなぬいぐるみっぽいテディベアも作ってみたくて
その表現の一つとしてアンティーク風の表現を身につけたいな〜と
思っていたので、最近になって資料を集めはじめました。
ホントは習える予定だったのでその補強の意味もかねてたんですが
幸か不幸かメイン教材になっちゃいましたわ〜、はっはっは(笑えない;)

ま、なんて言うんでしょうかね〜。
元来オタク性がありますので、どうでもいいことにこだわり始めると
これが気になるんですよね〜。
遊ばれてよれよれになったクマのダメージ具合、
毛の抜け具合や修繕のされ方。
実際の古いものがどうなってるか確認したくなっちゃうんですね。
で、とうとう修繕の仕方の本も注文してしまいました(笑)
英文だから写真の多いことを祈ってます。

色々確かめてから、納得して
自分なりのダメージの表現をしてみたい、などと思っておりますが
果たしてそれが生きてくるのは何年後なんだー;

今回、アンティーク風ダメージをきっかけに
ベアの歴史を少しさかのぼって興味を持って見ることが出来て
100年経っても、残っているクマに実際会ってみたくなってきました。
まあいいか、と思っていたテディベアミュージアム
時間を作って見に行ってみようかと思います。

ああ、でもまず札幌も行きたい。今すぐ行きたい〜。
双子の白クマちゃんたちが子グマなうちに見に行きたい〜!!
[PR]
by karipuries | 2009-09-18 01:33 | クマ徒然

月一のお楽しみがああ!

え〜、ただいま大変にガッカリきています。
クマの講習で、受けたかった講習がなくなってしまったのです。
やっと本番よ!と思った矢先だったので尚更ガッカリ〜。

しかたない。
クマの神様に自分のクマを作りなさいと言われたのだと
そう思って振り切るしか、、か、あああああああ(号泣)

大変に素晴しいスキルを持った先生なので
月イチのちょっとしたお話がとても刺激的でしたのに。
クマとその周辺の小物のスキルがアップする
ステキな講習でしたのにのに。
講習仲間の皆さんもステキなクマ作り人で
毎月、会えばやる気補給に絶大な効果がありましたのにのにのに。

救いは、もう一つのクマ講習は変わらず続くこと、ですが。

いやはや、残念。
いやさ、そんなひと言では片付かないんだけどさ。
出てくる言葉は、、、残念。

ぶおおおおおおおおお〜ん(号泣)

でも、その先生のお陰で、スタンダードなクマ作りに燃えてるワタクシ。
先生!ワタクシこれから自分なりのクマ探しの旅に出ます!(脳内で;)
ということでただいま勉強中!
重たい洋書(主に写真メイン)も増えました;
欲を云えばもう少し増やしたいところなんですが。

イギリス風スタンダードは、ちょっとした裏テーマを背負っているのもあって
“でこちんのむちむちぷりん”ちゃんになる予定です。

クマ作りに好適な季節の訪れと共に
課題もごっそりやって来たということにしておこうと思います。

でも。
そんなやる気なのに今月は取りかかれるかちょっと微妙。はああ;
[PR]
by karipuries | 2009-09-14 23:57 | クマ徒然

双子のシロクマの名前。

そうですそうです、そうでした。
9月6日に円山動物園の双子のシロクマちゃんたちの名前が決まりましたね。

Aちゃんがイコロ、Bちゃんがキロル。
どちらもアイヌ語の名前なのだそうです。

詳しくはぜひ、円山動物園の樋泉さんのブログに行ってみて下さいね。
ちょっとした見分け方や魅力的な写真満載です。
『双子の白クマ赤ちゃん通信』(毎度お馴染み自力で行ってね検索ワード)
命名されたらブログ終了と言っていたのでガッカリしていましたら
やめないでと反響が大きかったそうで、続けてくれることになって一安心。

その樋泉さんの撮った写真で作られた絵本の「ふたごのクマクマ」
手に入れた時点で第2版でしたから結構順調に売り上げてるのかな〜。
売り上げの一部は動物たちのご飯代にもなるらしいので
円山動物園の全ての動物たちの快適度がアップすることを祈ります。

まだ親子3人でまったりしているうちに円山動物園に行きたいんだけど〜。
ん〜。10月末〜11月にちょっと別口でしっかり旅したいので
微妙に真冬のスケジュールになってしまいそうで;;;

あ〜〜〜。春まで3人で待っててくれる〜???
[PR]
by karipuries | 2009-09-08 16:32 | クマ徒然

つい。3匹。

友人に可愛いショーベタのメスをもらうので、と思ってたんですが
つい。
クラウンテールの小ちゃい女の子が350円で、その上選べる!
てなことで、うっかりポチッと買ってしまいました3匹;;;

ヒレを入れて4センチあるかないか位の小ちゃい子ですが
2匹はお腹パンパン(笑)
ゆうぐれさんは小ちゃい男の子なので
この子らなら行けそうです。

何しろショークラウンのそらさん、ショーベタのゆうぐれさんは
いい加減急がないと老いてしまうので、
ショーと名の付く2匹の子供をとっておきたい。
でも虹子さんは凶暴女子なので無理だし〜。
などと悶々と思っていたら、
高知のお店に大量に入荷した直後に当たりまして。
つい。
ぽちっと。
すぐに元気な子が届きました。
ぴっちぴちです。

またもう少し馴れてくれたら写真撮ってきますね〜。
カンボジアンと
ゆうぐれさんに良く似た色と
スチールブルー系の、女子3匹が仲間入りしました。
はっはっは。

ああ、もう場所が;;;


ご友人さま。
それでもショーの女の子も欲しいので、どうぞ宜しくお願いいたしますです。
[PR]
by karipuries | 2009-09-03 01:39 | 同居魚ベタと仲間たち