<   2009年 01月 ( 14 )   > この月の画像一覧

とりあえず準備中なんです。

クマ作家と名乗ってる割に実はここ最近針を触っておりません;;;
なんて手作り色の薄いブログ(笑)
と、言う訳で最近の手作り状況を少し。

今年は、5、6月に続けてイベントに
出展することになるかもしれませんので、
1月は来るべき怒濤の作品制作に向けて準備していました。

型紙を整理して、モヘアに型紙を写して
一体分のパーツを切りそろえるところまでを区切りとして
少しずつ進めています。

いま製作中なのは
「シロクマ」と「小ちゃいクマ」と「小ちゃい犬」と「ぴっち」です。

「ぴっち」とは、2007年の卒業制作「ロジャー」の
右手に乗っかっていた非常食ちっこい黄色い鳥のことです。

そう、今年はイベント出展時の限定で、
小ちゃい小鳥のぬいぐるみを置こうかと思っています〜。
赤ぴっち青ぴっちも出現するかもしれません。
とりあえず、今は鳥のヒナのイメージの「ぴっち」ですが
この先、少しずつバージョンを増やしていけたらいいな〜と思います。

リスが間に合えばいいんだけど;
出来てる型紙からまずは一定数を確保しないといけないので
完成前の型紙の子たちはどうしても後回しになってしまいます;;

その上、プリンターがもう本当に調子が悪いと言うか、いかんので;
タグも印刷するなりスタンプをつくるなりして
別途制作しないといけなくなっちゃいましたし〜(^^;)
ああ、おかげで寒中見舞いが出せてないんだよなあ(TT)
1月終わっちゃうよー;;

まだやること山積みですが。
テディベアとは。のクマ作りのレポートする時に
このパーツの山が役に立つような気がします(笑)
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 人形・ぬいぐるみへ
[PR]
by karipuries | 2009-01-31 23:40 | ただいま製作中

効くものですねえ〜。

口唇ヘルペス持ちのワタクシ。
疲れたり風邪を引くとよく出て来ちゃうんですが、
最近、出現頻度が高くて困ってたら。

あるんですねえ、薬。
再発の人用だそうです。

出かけた家族についでに買って来てもらいました。
(↑ヘルペス持ち^^;)
が、
この薬、名前書かないと売ってもらえないらしい;;;

だからでしょうか〜。
おっそろしく効きがいいです。
付けてすぐちりちりしていた不快な痛みがひいて
6時間経ったいま、もうだいぶ症状が落ち着いてます。
ああ、腫れてからカサブタになって治るまで
いままでは時間かかったし、見た目も大変だったんですが
これでかなり楽になりそうです。
ああ、うれしい。
[PR]
by karipuries | 2009-01-31 04:09 | 日々徒然

成功なんだか失敗なんだか;

仕事とクマを同じ部屋でやってるので
両方の資料と材料が混在と言うかごった返すワタクシの部屋。
部屋の収納スペースがとにかく「ない」ので、
こうなったら収納スペースをつくるのだ!!と
棚を買って来て始めたのはよかったんですけれど。

モヘアを詰め込んで積んであった衣装箱から、
個別に袋に入れ直して、棚に移していたら
別の場所からひょっこりと忘れていたアクリルファーの生地が
3種類で2.5ヤード出て参りましたよ。

どどどどどどどうするんだこんなデカイの;;;

ちょっとドキドキしながら一緒に棚に収めました。
このアクリルファーの織り地(毛の植えてある地の生地)は伸びないので
テディベアが普通につくれます。
正直、手触り肌触りは、天然の毛のモヘアやアルパカよりも
柔らかくってふわふわなんです〜。
がしかし、
毛のカットに向かなかったりと微妙に扱いづらいんですけれど。
いつか抱きクマのふわっふわバージョンに挑戦してみようと思います。

じゃなくて!

モヘアは収まりつつあるんですが、また部屋がひっくり返ってしまった(笑)

その上、急に調子崩してうすら風邪っぽい;;;
肩も凝って来た;;まずい兆しかも。

。。。と思ってから、はっとしたんですが、
モヘアを出してはしまい、出してはしまいをやってたので、
もしやモヘアの毛にやられたのではなかろーか;;
部屋にうっすら毛がつもってる気がするぞ;;
肩こりは棚を組み立てたのとモヘア折り畳んでたせい???

。。。ああ。ぜったい風邪じゃないじゃん;

しかし、更にまとまらなくなった部屋を振り返ってため息ひとつ。

ああ、成功だったんだか失敗だったんだか;;

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 人形・ぬいぐるみへポチッと押すと にほんブログ村 に飛びます
[PR]
by karipuries | 2009-01-27 03:48 | 日々徒然

テディベアとは(2)テディベアの歴史について2

さて、テディベアが生まれた後のことを、
少々乱暴ではありますがざっとまとめてみたいと思います。

第一次世界大戦の影響で、ドイツからのベアの輸入が
禁止されたイギリスでは、以降、独自のぬいぐるみ産業が勃興します。
1920〜30年代にかけて急成長し、
チーキーで有名なメリーソート社もこの頃に伸びて来た会社です。

その後、第二次世界大戦が起こると、
軍需優先となって原材料が配給制になったり、
粗悪な材料しか手に入らなかったりと不遇な時代となりました。

戦後、落ち着いてくると
1955年にイギリスで、
ウェンディ・ボストン社が、はじめて
スクリュー式の目玉とフォームラバーの詰め物を使った
ジョイントの無い洗えるベアを作ります。
今日よく見るぬいぐるみスタイルですね。

以降、イギリスでは、より丈夫で安全な玩具のための
安全基準法が施行され、すべてのテディベアが
ロックイン式のプラスティックの目玉となります。
という訳で、現在販売されているチーキーの目玉も
プラスティックなんですよ。
目玉についてはどう安全なのか、また後の機会に説明しますね。

さて、1960年代に入るとテレビや映画が影響を及ぼして
それらに出てくるクマのキャラクターの関連商品としての
クマのぬいぐるみが多く作られる様になります。

1970年代にかけて東アジアから
安いクマのぬいぐるみが入ってくる様になると、
アメリカのメーカーでは製造コストの割安な
海外生産品を流通させる様になります。
シュタイフでもジョイントのないマスコット的なものを
一時期中国で生産していましたから。
この辺りからジョイント式のテディベアより
ジョイントの無い方が増えていったのかもしれませんねえ。

テディベアのメーカーがそのような動きになっていった
1970年代の初頭に、
アメリカの人形作家の間にベアアートというコンセプトが生まれます。
個人でテディベアを作る人々ですね。
「ベア アーティスト」という言葉が初めて使われたのは
1981年のアメリカ「ドールリーダー」誌でした。

テディベアが生まれてやっと100年が過ぎ、
テディベア作家と呼ばれる人々が生まれて、ほんの40年です。

まだまだ新しいベアの歴史を
大事に育てていけたらいいですね。


さて、では次回はそのベア作家と作家ベアがどんなモノでドコで会えるか
書いてみます。
その後はテディベアそのものを解剖していきますね〜。
画像を用意せねば!

【一口メモ】
チーキー

「Cheeky/生意気そう」が名前の由来と言われるメリーソート社のテディベア。
写真はウチにいるパンキッシュヘッドという頭にポヤポやのついたタイプの子です。
c0111410_7362373.jpg


にほんブログ村 ハンドメイドブログ 人形・ぬいぐるみへ
[PR]
by karipuries | 2009-01-22 07:42 | テディベアとは。

さる!!!

c0111410_6373815.jpg
そろそろ次のクマ話、と思ったら
グリムスに猿がいました!!!
で、少し大きくなってた!!
ので画像をアーップ(笑)
と共にカテゴリー新設してみました。
[PR]
by karipuries | 2009-01-22 06:37 | グリムス成長記録

生地入手♡

先日ラッキーなことにおステキな生地を手に入れました。
ティオグルッペンの、北欧テイストの大柄な生地いくつかと、
なぜか「結び雁金」(家紋)な生地です。
何かとても可愛くデザインされてます(笑)
製品でなく生地だったのがチョト嬉しい。

簡単なエコバッグにしてしまうには、どうにももったいない
おステキ生地だったので、自分で使いやすいサイズの
ショルダーバッグやトートバッグに出来たらいいな〜と
ただいま絶賛妄想中(笑)

上手いこと出来たらいいんだけど。
カバンなんて作ったこと無いのよねえ(ごーん)

どうも最近落ち着かないので、色んなことが後回し気味になっています;;
そしてあちこち音信不通をかましてしまっております;
ああ。すみませぬ;;

やっぱりもっと部屋をすっきりきっちりきれいにしないと
物事がしっかり流れていかないのかもしれません〜。
仕事も詰まるしな〜;
いやいや、あんたの心がけ次第じゃろー(と突っ込んでおいてみる)

グリムス、あれからいまいち変化が無いですが。
はやく大きくなんないかなあ〜。どうなるんだろう(笑)
にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
[PR]
by karipuries | 2009-01-21 02:51 | 日々徒然

走る張飛につられてしまった。

レッドクリフの コレクターズエディションのDVD。
テレビであまりにもCMしてるものだから。
そう、張飛がすんごい勢いで走ってましたでしょ〜。
いろいろ思い出して笑ってしまった;

三国志は昔、大ハマりして中国行ったり正史まで読んだり
して結構な三国志オタクだったんですけれども、
この映画はとにかく初めての人でも楽しめると思うし
よく知ってる人もそれなりに楽しめると言うか
思い切り笑いっぱなしでした、私(^^;)
映画館ではお隣が知らないスーツの人だったので、
変なとこで笑っちゃうと悪いかな〜と思って
遠慮笑いしてたので(なんだか笑いたいところが他とズレてた;;)
DVD見て笑い直そうと思います。
もう、ツボに入るとたまんないですね。あれ。

お陰でついつられて発売が3月だというのに
うっかり予約して来ちゃいました(笑)

それも、いろいろついてるとあとから邪魔になるから
特典は無い方で、と思ってたのに。
あんた、しっかり特典付きじゃな〜いのよ〜う。

パート2の公開が4月なので
今年もまた三国志で楽しめそうです。ふふふ。
ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
by karipuries | 2009-01-17 03:37 | 歴史物関連よもやま話

グリムスが育ってます。

去年の暮れに貼ったブログパーツのグリムス。
ブログで木を育てて実際に植樹出来るちょこっとエコなパーツ。
少しずつ育って来たので成長の記録をひとつ。

▼お正月仕様だったようで、富士山が。
これは昼間に取ったので空が明るいです〜。
c0111410_18483975.jpg


▼これは初めて新芽が出たところ。
う、脇芽が出てる;と嬉しいやら残念やら(笑)
夜中だったので空が暗いで〜す。
c0111410_1849077.jpg


▼これが先ほど取った更に成長したところ。
ええ、脇芽がでかくなるのおおお?!と
先行きどんな木になるか更に分からなくなった瞬間(笑)
夕方取ったので夕焼けですね〜。雲も流れてるんですよ。
c0111410_1849168.jpg



地味に楽しいグリムスなのでした。

ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
by karipuries | 2009-01-14 19:00 | グリムス成長記録

テディベアとは(1)テディベアの歴史について1

まずはテディベアの名前の由来と誕生の背景から。

「テディベア」と呼ばれる様になったエピソードとして有名なのは
1902年、当時のアメリカ大統領セオドア・ルーズベルトが
ミシシッピーにハンティングに出かけた際に獲物が捕れずにいたところ
ハンターたちがあらかじめ生け捕りにしていた熊を撃つ様に
勧めたのを拒んだことが元になっています。

このニュースを、クリフォード・K・ベリーマンが風刺漫画に描いて
1902年11月16日付のワシントンポスト紙に発表。
(風刺画自体はネットで検索していただけると出てきますよん)

その風刺漫画が出たあとに、
ニューヨークのモリス・ミヒトム夫妻の店で
妻がフラシ天(モヘア)で作った熊のぬいぐるみに
セオドアの愛称のテディをとって「テディベア」と記した
ラベルをつけて陳列したところ、たちまち人気を博して、のちに
「アイディアル・ノヴェルティ・アンド・トイ・カンパニー」を
創設します。
これがアメリカ初のテディベアメーカー見なされているそうです。

さて、こうして見るとアメリカで生まれたのか〜と思いますよね。
ここで、話をドイツに持っていくと面白いことになります。

アメリカで熊のぬいぐるみが大人気になっているのと同時期の
1902年にドイツのシュタイフ社ではジョイント式の熊の人形を開発。
1903年2月、ニューヨークに他のおもちゃと出荷されましたが、
注目されませんでした。
でもその1ヶ月後には大量発注を受けて、これがまた大人気になります。
その発注元も、アメリカの会社なんですね。

以降、このジョイント式の熊がアメリカに渡ってテディベアとして広まり、
ドイツにはテディベアという名前が入って来たんでしょうね。


以上のこともあってか、「テディベア」と言うと
モヘアで出来ていて、フルジョイント(首手足が動く)で、
目がガラスやシューボタンで
背中にこぶがあってシッポがないもの
という決まりのようなものがあったようですが、
現在では熊型のぬいぐるみ全般を指す言葉になっています。

そう、誰が作ってもすべてテディベアと言っていいんです。
「どこかの会社のあのクマ」の名称ではないんですね。
1902年の誕生から100年以上。
「テディベア」という名前で商標登録されたことがないのです。
なんだかステキなことですねー。


【一口メモ】
ベリーマン
の描いたクマをもとにデザインしたクマを「べリーマンタイプ」と
呼んだりします。講習で作った子なんですが、この下の写真の左の子が
それに当たります。挿絵を見るとなるほどーって思いますよん。
c0111410_450159.jpg

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 人形・ぬいぐるみへうっかりランキングに参加してみました。気が向いたら押してみてくださ〜い
[PR]
by karipuries | 2009-01-14 05:17 | テディベアとは。

テディベアとは。(はじめに)

やっとこ始まります、テディベアのお話。
しっかし、週一で揚げるの絶対ムリ(笑)
ということでクマ話は、月1、2回の更新頻度で行きたいです、はい。

書くにあたって検索してみたら結構あっちこっちに載っていましたね〜。
少しは事前に検索してみとけよ、じぶのすけ;;と自分突っ込み。

ま、ゆるゆるさんのゆるゆる話と思って気を抜いておつきあいください。

参考文献として
「テディベア図鑑」
 ポーリーン・コックリル著
 ネコ・パブリッシング発行

を使っていますが、
いままで聞いたり読んだり、記憶にあるものの確認に
ネット検索を使ってます。

ゆるゆるクマ作り人としては、
ここの記事を入り口とか、きっかけくらいに使ってもらって、
深いところには各々調べてハマり込んでいっていただきたい、と
そのような位置づけで、ざっくり書かせていただきますので
その辺りご了承くださいませ〜。
だからタイトルもざっくり〜(考える頭がないともいう;)

それから、この先読んでて分からない言葉が出て来たら
コメントで何?って聞いて下さいね。
そうしてもらえると注釈代わりに使えますんで〜(他力本願♫)
あと、間違いがあったら優しく突っ込んで下さい。(是非やさしく〜!)

では(1)に続きます〜。
本日中にアップ出来てます様に;;
直接打ち込みなので下書きがないんですね〜(笑)
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 人形・ぬいぐるみへ
[PR]
by karipuries | 2009-01-14 03:51 | テディベアとは。


兼業ゆるゆる作家じぶのすけのテディベア作り等の日記


by karipuries

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
かりぷりーずとは?
プロフィール
お知らせ
テディベアとは。
テディベア作品
巣立ったベアたち
ただいま製作中
クマ徒然
日々徒然
同居魚ベタと仲間たち
お気に入り
習ってます
歴史物関連よもやま話
グリムス成長記録

以前の記事

2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
more...

お気に入りブログ

DOG★GOD
アーシャとfumiの毎日
【hand work a...

その他のリンク

検索

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧